2013年11月25日

近所をチャリで紅葉狩り

イチョウの木
秋晴れの中、ペダルをこぐと、いい気分になります。
多少肌寒いので、手袋をして乗りました。
日本の四季は良いもので、この季節は葉の紅葉が楽しめます。

長い上り坂で息をきらせながら上ると既に汗ばんでいました。

遠くに行かなくとも近所で紅葉狩りもいいものですね。

本当は、遠くへ行きたいのだけど。トホホ
タグ:紅葉 自転車
posted by チュッキー at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

セカンドオピニオンの大切さ


日曜日朝、関口宏のサンデーモーニングを気にいってみてる。


スポーツコーナーでは、ご意見番の張本氏が”カツ”をだめなアスリートに与える場面が楽しい。


その中で今月ブルワーズに契約した青木選手の場面があった。


日本で首位打者をもとった選手がテストを行って入団にこぎつけたことによる”カツ”だった。


私もそうだなとそのときは思った。


 毎日新聞の寝ても覚めてもの記事に青木選手のことが載っている。


題は 低評価を覆す予感 で冨重圭以子さんが書かれている。


http://mainichi.jp/select/opinion/netemo/



読んでもらえるとわかるが、青木選手の人柄とここまで築き上げた


野球人生が物語る、青木選手を応援したくなる内容だ。
 
 そこで、張本氏の考えと冨重さんの二人の意見が聞けたことで青木選手の見方はかわる。


いろんな人の意見や考えを聞くことは大切だと、


自分に”カツ”をいれたい次第である。


posted by チュッキー at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

大きな目標とそれを達成するための小さな目標

 TBSの情熱大陸でプロサッカー選手、長友佑都が取り上げられていた。

その中で彼は、こう話している。

「大きな目標があって、これを分割して、小さな目標にして、それを一つ一つクリアしている」。

なんとも堅実な男だとおもった。

 彼の部屋も紹介されていた。本もいろいろ読んでいるようだ。

最近のアスリート達は読書家が多い。本から学ぶことも多いのだ。

また、グランドの上で学ぶことも多いと思われる。

両方から学び、成長していくのだろう。

 小学校の時の作文が紹介されていた。

彼の夢は、”イタリアでサッカー選手になって活躍すること”。

きっと夢を掴む、小さな目標を達成してきたに違いない。

大学の時、応援席で太鼓を叩いていた彼は、イタリアの地へ、そして、

ビッグクラブインテルまでのぼりつめた。

彼の話すことばに説得力がある。
タグ:長友佑都
posted by チュッキー at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

福原愛のフォアハンド

このニュースはご存知だろうか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120121-00000546-yom-spo
全日本卓球選手権女子シングルスで、福原愛選手が初優勝。

これには、前から課題のあったフォアハンドに秘密がある。

福原選手はもともとバックハンドが得意。しかし。苦手だったフォアハンドを

攻められ敗退ということがつづいた。

この課題を克服するため、フォアハンドの強化に踏みきったようだ。

その成果がこの優勝を導いたといってよいと思う。

注目したいのが、課題を克服し、なお、これを武器として、戦い、成果をだしたところだ。

これは、ビジネスにおいてもそうだと思う。

課題を克服して武器にするまでは、鍛錬が必要。しかし、いったん武器になって

しまえば、成果がでてくるといえるだろう。

つまり、鍛錬を惜しまないことが大切だ。

努力なしには成果はついてこない。



明日は、男子シングルスで一波乱が有りそうだ注目したい。


posted by チュッキー at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

正月太りを解消するテクニック〜もう「太った」とは言わせない〜

 新年を迎え、正月をだらだらと過ごしてしまった方、なにか気になりません。

「太った」などと職場・学校で言われていませんか?

そうです。

現代社会問題の一つ「肥満」です。

それを解消する方法を考え実践しているのでそれを紹介します。

まず、この方法は「運動」を必要とします。

ただ「運動」をするのでは、飽きがくるので、

”自分がアスリート+コーチになったつもりで運動に取り組む”のです。

これが結構楽しいのです。

ランナーを例にとってみましょう。

まずは10kmを走ることができる体づくりを目標とします。

それには、期間を設け、それに向かってプランをくみます。コーチの役割です。

ジョギング10分+ウォーキング30分とかです。

これは、自分と相談しながらきめるとよいと思います。

けがをしない程度にすると良いです。

プランをこなします。アスリートの役割です。

ここでポイントです。私はエクセルを使い記録をつけています。

タイムや体重、体脂肪率などもつけます。

この記録をつけることでさらにアスリートに近づくことができます。

数字があれば、分析もしやすく、プランを立てて、実施、記録、分析とできます。

仕事のようですが、アスリートもそうやっていると思います。


決してオリンピックを目指す訳ではないですが、最終的にはマラソン大会に出場も

可能です。


こうするとまた、アスリートは食事も気をつけていることに気づくはずです。

アスリート+コーチ+栄養師になれば最強だとおもいます。

自分をアスリートに見立てて行動することで

アスリート体型に近づくサイクルを作り出しましょう。


今回は、一人でランナーの例をとりましたが、二人で異なるスポーツでも

かまいません。二人でやる方が効果大かも…
タグ:アスリート
posted by チュッキー at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

監督の力がチームの成長と勝敗を決めるJリーグ

元日、毎年恒例の国立競技場で天皇杯の決勝が行われる。

決勝に進出したチームはFC東京と京都サンガだ。

両者は共にJ2のチームだが、J1の強豪を倒し、決勝の舞台に立つ。

注目したいのは両者の監督のキャリア、

大熊監督(FC東京)、大木監督(京都サンガ)は互いに日本代表のコーチを務めている経験を

持つ。経験豊富な監督だ。

また、今年、Jリーグ制覇をした、柏レイソルのネールシーニョ監督も経験豊富である。

どのような指導をするのは、私にはわからないが(知りたいと思う。)

監督力が勝利を呼び込んでいることであるとこは次のことから言える。

FC東京、京都サンガ、柏レイソルをとっても現日本代表を多く抱えるチームでもないし、

中村俊輔の様なスーパースターがいる訳でもない。

ただ、ユースチームから育った選手が活躍しているのは共通している。

これこそ、指導者の力によるものだと言えないだろうか。

Jリーグもユースチームから指導し、トップチームで活躍土壌ができてきたところ。

バルセロナとかに比べればまだまだであるだろう。

しかし、監督が選手の成長を見守るように、

私もJリーグを見守り、応援したいと思う。
タグ:Jリーグ
posted by チュッキー at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

戦い方の幅を持たせる為の武器

Yahoo topicsを読んでいて、面白い記事が有ったので紹介する。

サッカーの日本代表の記事である。

チェコ戦もやっぱり3-4-3、ザック監督「前回よりよくなっていることを期待」

現在の日本代表の監督ザッケロー二氏が、キリンカップのチェコ戦での戦術について

語っている。

チェコ戦に望むのに3−4−3の戦術で望むらしい。

日本代表としては、4−2−3−1が基本戦術ということである。

しかし、フレンドリーマッチをワールドカップに向けた成長の為の戦いと位置づけている。

最後に記者がこのように締めている。


「これからのサッカーは複数のシステムに対応していかないといけない」。武器が増えれば、戦い方に幅も生まれる。もっと先の戦いを見据えたとき、今の苦労は決して無駄にならないはずだ。


まさに、そうだと思う!!

私が思うのは、

この考え方は、サッカーに置いてだけでなく、生きて行く為にも必要な事ではないか。

フレンドリーマッチもワールドカップも私の人生には存在しない。

しかし、それに位置づけた似たようなことは、存在する。仕事、受験などである。

人生を良い方向に向かう(勝つ)為にも、戦いの幅を持たせる新しい戦術を磨きたい。
posted by チュッキー at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。