2012年01月28日

セカンドオピニオンの大切さ


日曜日朝、関口宏のサンデーモーニングを気にいってみてる。


スポーツコーナーでは、ご意見番の張本氏が”カツ”をだめなアスリートに与える場面が楽しい。


その中で今月ブルワーズに契約した青木選手の場面があった。


日本で首位打者をもとった選手がテストを行って入団にこぎつけたことによる”カツ”だった。


私もそうだなとそのときは思った。


 毎日新聞の寝ても覚めてもの記事に青木選手のことが載っている。


題は 低評価を覆す予感 で冨重圭以子さんが書かれている。


http://mainichi.jp/select/opinion/netemo/



読んでもらえるとわかるが、青木選手の人柄とここまで築き上げた


野球人生が物語る、青木選手を応援したくなる内容だ。
 
 そこで、張本氏の考えと冨重さんの二人の意見が聞けたことで青木選手の見方はかわる。


いろんな人の意見や考えを聞くことは大切だと、


自分に”カツ”をいれたい次第である。


posted by チュッキー at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248907790

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。