2012年01月21日

電子書籍をめぐる攻防

アメリカでは、昨年、電子書籍端末であるAmazonのKindleが刷新された。

さらに普及がすすむことは間違いない。

一方、日本では、昨年、ソニーが通信機能付き電子書籍端末Readerを送り出している。

しかし、普及はまだまだだ。

なぜ普及しないかそれはハードの端末のせいではない。

読みたくても、ソフトの書籍の種類が少ないのだ。

ソニーは映画・音楽と買いあさっているが、国内の書籍はうまく行っていないのかも。

今年春、楽天が電子書籍端末と出すうわさがある。

楽天は電子書籍事業に力をいれているようだ。おそらく買収した端末で展開するだろう。

ここで、楽天が多くの書籍販売に踏み切れれば、普及も早いだろう。

そんな中、遅れ気味のアップル書籍の新たな売り方を提案してきた。

Amazonに遅れをとったアップルは個人でも書籍を出せる媒体とソフトを展開してきた。(まずは教科書から)

得意技だ。

このニュースは、日本の出版社も慌てふためいているかもしれない。

今までの日本の出版事業は起点を迎えている。

新しい独立系出版社が電子書籍で出版し、大手を対等する時代も迫っている。
タグ:reader Kindle iPAD
posted by チュッキー at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/247564348

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。