2011年12月31日

監督の力がチームの成長と勝敗を決めるJリーグ

元日、毎年恒例の国立競技場で天皇杯の決勝が行われる。

決勝に進出したチームはFC東京と京都サンガだ。

両者は共にJ2のチームだが、J1の強豪を倒し、決勝の舞台に立つ。

注目したいのは両者の監督のキャリア、

大熊監督(FC東京)、大木監督(京都サンガ)は互いに日本代表のコーチを務めている経験を

持つ。経験豊富な監督だ。

また、今年、Jリーグ制覇をした、柏レイソルのネールシーニョ監督も経験豊富である。

どのような指導をするのは、私にはわからないが(知りたいと思う。)

監督力が勝利を呼び込んでいることであるとこは次のことから言える。

FC東京、京都サンガ、柏レイソルをとっても現日本代表を多く抱えるチームでもないし、

中村俊輔の様なスーパースターがいる訳でもない。

ただ、ユースチームから育った選手が活躍しているのは共通している。

これこそ、指導者の力によるものだと言えないだろうか。

Jリーグもユースチームから指導し、トップチームで活躍土壌ができてきたところ。

バルセロナとかに比べればまだまだであるだろう。

しかし、監督が選手の成長を見守るように、

私もJリーグを見守り、応援したいと思う。
タグ:Jリーグ
posted by チュッキー at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243534022

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。