2011年09月15日

Play Station Vitaを発表したsonyとドコモ、任天堂3DSとの軍配は?

ゲーム機と言えば任天堂、それともソニーと

争い続けるケーム機抗争ですが、

iPhoneなどのスマートフォンの登場でオロオロしていられなくなった

両ゲーム機メーカーですが、

大きな動きがありました。

ソニーがドコモと組んで3G付きのゲーム機をだすことになりました。

ゲームをやらない私ですがちょっぴりうれしいです。

なぜなら、このニュースは少し日本メーカーにも変化があることを期待させる

ニュースだったからです。

3Dは前にもここで書いたように私にとっては必要ないとかきました。

しかし、ソニーは3Gを選んでくれました。

3Gの方がゲーム機だけでなく可能性があります。

映像や電子書籍に至まで電子配信できるもの

ならば、相当分野が広がると思います。

日本メーカーの今後の動きに注目です。

後は、回線がパンクしない技術の発展を期待します。
posted by チュッキー at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226059210

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。