2011年06月07日

戦い方の幅を持たせる為の武器

Yahoo topicsを読んでいて、面白い記事が有ったので紹介する。

サッカーの日本代表の記事である。

チェコ戦もやっぱり3-4-3、ザック監督「前回よりよくなっていることを期待」

現在の日本代表の監督ザッケロー二氏が、キリンカップのチェコ戦での戦術について

語っている。

チェコ戦に望むのに3−4−3の戦術で望むらしい。

日本代表としては、4−2−3−1が基本戦術ということである。

しかし、フレンドリーマッチをワールドカップに向けた成長の為の戦いと位置づけている。

最後に記者がこのように締めている。


「これからのサッカーは複数のシステムに対応していかないといけない」。武器が増えれば、戦い方に幅も生まれる。もっと先の戦いを見据えたとき、今の苦労は決して無駄にならないはずだ。


まさに、そうだと思う!!

私が思うのは、

この考え方は、サッカーに置いてだけでなく、生きて行く為にも必要な事ではないか。

フレンドリーマッチもワールドカップも私の人生には存在しない。

しかし、それに位置づけた似たようなことは、存在する。仕事、受験などである。

人生を良い方向に向かう(勝つ)為にも、戦いの幅を持たせる新しい戦術を磨きたい。
posted by チュッキー at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。